2016年10月10日~11日 剱岳へ追悼登山

剣沢小屋と鹿島槍
剣沢小屋と鹿島槍
テレビの仕事で何度かご一緒させていただいたKさん。仕事だけでなく山道具をもらったり本州の情報を教えていただいたり、お世話になりました。雌阿寒の撮影の後に突然のお別れのお知らせを聞いて、ずーっとなんだか信じられないような気持ちでした。 剱岳はあなたがテレビの仕事をするきっかけとなった山だとお話してくれましたね。以来いつかはいってみたいと思っていました。満天の星空、秋晴れに映える岩壁、雷鳥沢では温泉にも入りましたよ。やっぱり剱岳は良い山ですね!
みくりが池に映る雄山
みくりが池に映る雄山
剱岳ピークにて
剱岳ピークにて
別山から剱岳
別山から剱岳
   

2016年10月1日~10月9日 高所作業の出張で滋賀県へ

実は僕は高所作業チームの一員でもありまして、パイオニアラボさんと高所作業の出張で滋賀県へ行って参りました。
フェリーのソファー
フェリーのソファー
フェリーのロビー
フェリーのロビー
日本海の夕景
日本海の夕景
  まずはフェリーで穏やかな日本海の船旅を経て…いやー、なかなか立派なフェリーで旅は快適そのもの!日がな一日のんびりと展望ソファで読書をして過ごしました。ちなみにこのフェリーにはなんと露天風呂までついてました。いやぁ極楽ですがな!
地上60m
地上60m
高所作業中
高所作業中
さて、いよいよ高所作業ですが、う~む、高いところには一応慣れておりますが、海からの風が強く鉄塔がグラグラと揺れる場面もあったり。台風の影響で停滞を余儀なくされた日もありました…そんな日は琵琶湖の畔を散歩したり。
琵琶湖
琵琶湖
しかし我ら高所作業チームはテキパキと作業を進めて、60mの鉄塔があっと言う間に解体されました。あっぱれ、匠の技術!師匠、勉強させていただきました~。 …とまぁ、とっても楽しい出張の旅だったのでした。
解体された鉄塔
解体された鉄塔

2016年10月1日 出張につき移動中

いやー、今日も秋晴れの良い日ですね❗阿寒湖から札幌へバスで移動中です。

2016年9月25日~9月28日 知床連山・登山道整備

知床硫黄山・夕景
知床硫黄山・夕景
2016年9月25日~9月28日は知床山考舎の滝澤ガイドと共に、知床連山(知床硫黄岳~羅臼平)の登山道整備を行ってまいりました。 カムイワッカ湯の滝までの道路が25日で通行禁止となるので、それに合わせての作業です。ザックの中身は、泊装備と共に芝刈りハサミや土嚢袋、ノコギリなど。天気は晴天で非常に気持の良い秋晴れの空のもとでの作業となりました。 それにしても、知床連山の紅葉は美しい!ウラシマツツジやタカネナナカマド、チングルマ、ツタウルシなどが織りなす色鮮やかな景色はまさに自然の作り出した最高の芸術。シレトコスミレの紅葉まで見ることが出来ました。
知床硫黄山
知床硫黄山
第一火口
第一火口
第一火口・テントサイト
第一火口・テントサイト
二ツ池
二ツ池
シレトコスミレの紅葉
シレトコスミレの紅葉
知床硫黄山よりウブシノッタ沢側
知床硫黄山よりウブシノッタ沢側

2016年9月20日~21日 ポントナシベツ直登沢

ポントナシベツ直登沢・テン場にて
テン場にて
2016年9月20日~21日、目下鋭意編集作業中の新版「北海道の山と谷」の踏査で、ポントナシベツ岳直登沢に行って参りました。今年はお盆明けより天候が最悪…。連続台風により日勝峠をはじめ国道や高速道路などの通行止めが相次ぎ、十勝や日高など平野部の水害規模も大きく、沢登りの計画は中止に次ぐ中止となってしまいました。中の川右股、アルファ&ガンマルンゼ、ポントナシベツ直登沢と、大きな計画の中止を続けざまに余儀なくされてましたが、三度目の正直としてやっとポントナシベツの完遂を果たすことができました。
ポントナシベツ直登沢・直登沢出合の大滝
直登沢出合の大滝
久しぶりの大きめの沢で、焚き火やツェルト泊、夜空の星、大滝の高巻きなどを堪能できました。この沢の核心、直登沢大滝の岸壁はかなり崩壊しているようで北大Pが登ったときのクラックや凸凹はスッキリと無きものに…。元々斜めに走っていた水流はすだれ状に広がっていました。いやはや、今年は沢登りには辛い年でしたね。