2016年11月1日 夏山納め&ゴロー・ブーティエル

雪と紅葉
雪と紅葉
今年もあっという間に夏山シーズンが終わり、山は冬入り前となってしまいました。天候不順も少なくなかったなか、たくさんの皆様と山をご一緒させていただき、幸いでした。今シーズンも本当にありがとうございました! ところで、みなさん夏山ではどんな山靴を愛用しておりますでしょうか?僕は長らくゴローのブーティエルを履いております。この靴はいわゆるパターンオーダーなのですが、東京は巣鴨にある小ぢんまりとしたこちらのお店に行くとご主人が足型をとってくれ、かかとは何ミリ出すとか足首は細めとか、人間左右で足のサイズも若干違うもので左は4mm大きいとか、その人に合わせた一足をこの道一筋何十年といった職人さんが丹精こめて作ってくれるわけです。http://www.goro.co.jp
ゴローのブーティエル
ゴローのブーティエル
左の茶色は7年履いてますが、革靴のフィット感も素晴らしく、まだまだいたってしっかりしてます。右の黒は今度新しく作ってもらった新品で、全く同じゴロー・ブーティエルです。違いといえば、茶色には自分の足で型を取った熱形成フォームの中敷きが入っているのですが、これは今ではもう制作していないそうで、黒い方にはB+の中敷きが入っているという点。このB+の中敷きは一般市販品ですが、驚いたことに端がきちんとリューターで面取りされているのです。ご主人によると、これは内部のゴアブーティを傷つけないための工夫だそうですが…いやー仕事が恐ろしく念入りですねぇ。当然この靴の履き心地の良さといったらないわけで、他の靴は履く気がしません。値段もトータルで4万4千円くらいですから、既成靴とそんなに変わりないですよね。登山靴は山登りで一番大切な道具。快適な靴は楽しみをもたらしてくれます。ゴロー君今年もありがとう!
きちんと面取りされたインソール
きちんと面取りされたインソール
さぁこれから冬シーズン。今年の冬も楽しみですねぇ!