2019年6月13日~15日 知床連山縦走登山ガイド ~Walk along the Shiretoko mountain range~

とっても雪が少ない今シーズンの北海道の山々ですが、知床も例外なく近年まれに見るほどの早い雪解けとなりました。そんなこんなで、知床連山ガイド登山一発目。今年は多分私たちが今シーズン最初のパーティではないでしょうか。

ご一緒させていただいたのは、フランスからおこしのMr, G氏とDr, Mさんご夫妻。最近とみに国際色豊かな北海道観光のシーンですが、とうとう僕にもフランスからのガイドオファーが舞い込んでくるはこびとなってまいりました。

羅臼岳のウコンウツギ
羅臼岳のウコンウツギ

このお二人はご年齢もお若く海外のトレッキングも多彩にご経験されている強者、はっきり言って知床連山ガイドプランは甘くないですが、この方達なら大丈夫!また存分に楽しんでいただけることだろうということで、2泊3日のガイドプランの行程でご案内させていただきました。

シレトコスミレ
シレトコスミレ

途中、ガスがかかったり、雨が降ったり、晴れて暑くなったり、強風に吹かれたり、おおよそカレイドスコープのごとく知床の、くるくる変わる天候もしっかり体験していただきつつ、わたくしのブロークン極まりない英語ガイディングと共に歩は進んでいきます。かえってフランスでの事や海外のハイキング事情など伺ったりというのは毎度のことではあります。

硫黄山・第一火口
硫黄山・第一火口

ハイマツのトンネルにキバナシャクナゲが咲き乱れ、イソツツジの芳香が心地よく、シレトコスミレもそこかしこで沢山咲いておりました。どうしてあなたたちは厳しい荒れた、この岩の風衝地で可憐な美しさを競っているのでしょう。

硫黄山アタックポイント付近
硫黄山アタックポイント付近

知床連山ガイド登山一発目としては早くもですが、ちゃんと第一火口のフードロッカーも二つとも雪の中から掘り出しておきましたよ。
知床連山ルート中では、サシルイ・オッカバケの東斜面側、硫黄山第一前衛峰手前の登り、硫黄山アタックポイント付近などにはまだ大きな雪渓が残っていますので、行かれる方はお気をつけください

オンネトートレッキング

今年は早い時期から雌阿寒岳登山ガイドやオンネトーのトレッキングプランのご案内をさせていただいております。
6月初めには雌阿寒岳に委託業務にて資材搬入も行ってまいりました。いわゆるボッカというやつですね。今回は総重量で100キロ程度の荷揚げだったのですが、デナリ遠征での地獄のソリ曳き訓練が効いたのか以前よりは楽にやれました。

今年は4~5月が暖かかったので雪解けが異常に早く、花の開花も例年以上に早かったです。オンネトー湖畔のオオサクラソウはもう終わりを迎えています。現在のところツマトリソウやズダヤクシュ、ミツバオウレンなどが咲いてますね。

このトレッキングプランのご案内の日は割合と寒い日で、湖面には霧がかかっていました。こんな雑誌の写真とは異なるオンネトーの姿も赴きのあるものです。

平成最後の雌阿寒岳の登山ガイド

ゴールデンウィーク2日目の今日は、リピーターのAさんと雌阿寒岳をご一緒させていただきました。昨日とはうって変わって素晴らしい天気!雲一つ無い中で絶景を楽しみながらの登山となりました。

雌阿寒岳の積雪はもう7割がた無くなりつつあります。こんなに雪が少ない年は、今まであっただろうかというほどに雪が少ないです。樹林帯の中に少々と、山腹斜面のハイマツ帯の間にそれなり、9合目手前に長めの雪渓が少々といった感じです。今日は気温も高めで雪は柔らかだったので終始アイゼンを着けることはありませんでした。残雪は野中温泉ルートより、オンネトールート側に多いです。

雌阿寒岳、ピークより
雌阿寒岳、ピークより

今日は空気が澄んでいたので、遠く斜里岳や知床連山はもとより大雪や日高山脈といった周りの山々のほとんどが見えていました。段々と氷が解けてエメラルドブルーに移り変わっていくオンネトーの姿もこの時期ならではの魅力です。まだ花の時期には早いですが、残雪の雌阿寒もしっかりと知識と技術、装備を準備すれば素晴らしい山行となること間違いなしです。みなさまもぜひ遊びにいらっしゃってくださいね。

雌阿寒岳、阿寒富士分岐付近
雌阿寒岳、阿寒富士分岐付近

めあかんスノーシューのビデオとか

いよいよGWも目前となり、夏シーズンの始まりとなってまいりました。
が、せっかくパソコンを新しくしたので、おだってオンネトーのスノーシュートレッキング(自然散策Bプラン)のビデオを編集してみました。映像のほとんどは春に撮りためておいたものです。新パソコンの威力はなかなかにすさまじく、4k動画でもものの数分で出力できてしまいます。

ビデオといっても、カメラをジンバルに乗せてスノーシューでただひたすらに歩いただけのものですが、それでもなんとなく画になってしまうのは、やはりオンネトーや雌阿寒岳山麓の自然の素晴らしさゆえでしょう。

今年はじゃらんネットからのお客様も増えて、オンネトーのプランにも行くことが多かったです。ご参加いただいたお客様ありがとうございました!

野中温泉のモコ2
野中温泉のモコ2

P.S.
モコちん、いつも見守ってくれてありがとう。すごく賢くて優しい君がいてくれて楽しかったです。安らかに眠ってください。

野中温泉のモコ3
野中温泉のモコ3

 

おあかんプランのお写真

みなさま、ご無沙汰をしております。やっとパソコンを新しいのに入れ替えてサクサク動くようになりましたので、HPの更新もボチボチ進めようと思っております。

やはりパソコンが古いとどうしようもないもんですねぇ。最終的に僕んちのデスクトップパソコンはHDDを認識しないやら、マウスカーソルが出てこないやらでにっちもさっちもいかなくなってしまいましたが…。

阿寒川にて
阿寒川にて

そんなこんなで、もはや昨年の秋の催行となってしまいましたが、以前にとても素敵な写真をお客様から送っていただいたので、ご了承の上で掲載させていただきます。

自然散策Aプランおあかんにて2
自然散策Aプランおあかんにて2

写真は自然散策Aプランのおあかんの時のやつで、お客様は台湾からおこしの美術の先生とその方のお母さん。やはり美術の心得のある方は見どころが違うといいますか、大変素敵な写真ですねぇ。阿寒川の風景は後で絵にもされたようです。

リンさんまた遊びに来てくださいね!

 

 

2018年9月11~13日 また、知床連山縦走ガイドツアー

2018年8月28~30日、ふたたび知床連山縦走ガイドツアーを知床山考舎の伊藤ガイドと共にご案内させていただきました。

三峰より羅臼岳
三峰より羅臼岳

今回は3日間全てがド快晴で、秋晴れの気持ちのいい知床連山縦走となりました。

稜上からは終始国後島が見えていて、なんと今回は色丹島も遠望できました。僕は父親が択捉島で生まれた元島民2世なので、感慨深く眺めていました。

今回は天気が良かったのもさることながら、縦走中は皆さんとお話をさせていただいて、とても楽しかったです。O師匠、いろんなギャグを教えていただいてありがとうございました。

また北海道へあそびにいらっしゃってくださいね!

2018年8月28~30日 知床連山縦走ガイドツアー

2018年8月28~30日、知床連山縦走ガイドツアーを知床山考舎の伊藤ガイドと共にご案内させていただきました。

知床縦走路から羅臼岳方面
知床縦走路から羅臼岳方面

知床連山縦走ルートはまさに北海道が誇る世界遺産の極上トレイル。今回の2泊3日の行程では最終日は雨に降られたものの、ふたを開けてみれば概ね上々と言え、お客様にも大変気に入っていただけたようです。

知床硫黄山頂上へ
知床硫黄山頂上へ

上部ではミヤマアキノキリンソウやメアカンフスマ、エゾオヤマリンドウ、エゾノミヤマアザミ、チシマアザミ、知円別岳付近ではコマクサなどが咲いていました。

下山後のカムイワッカ林道より登山口ゲートの方の法面に目を向けると…居ました、二頭のヒグマが!

カムイワッカ林道のヒグマ
カムイワッカ林道のヒグマ

皆様今回はお疲れ様でした。ご一緒させていただきまして楽しかったです。また北海道へ遊びに来てくださいね!

2018年8月8日 雌阿寒岳登山ガイドツアー

雌阿寒岳頂上にて
雌阿寒岳頂上にて

今日は本州からお越しの皆様を、雌阿寒岳登山ガイドツアーへご案内。天気予報は曇りのち雨という感じでしたが、いい方に転んでくれたようです。

雌阿寒岳八合目付近
雌阿寒岳八合目付近

北海道の山はそろそろ秋の気配が漂ってきましたね。羊雲が浮かんだ空のもと、涼やかな風が頬をなでていきます。

雌阿寒岳より大雪、トムラウシ方面
雌阿寒岳より大雪、トムラウシ方面

だいぶ靄がとれてきて遠望もきくようになってきました。東大雪や表大雪、トムラウシ方面や、斜里・知床連山もハッキリ。お盆も過ぎれば秋もすぐですねぇ…。ま~早いものです

新版「北海道の山と谷2(日高・道東)」

みなさん買いましたか?新版「北海道の山と谷2(日高・道東)」。もうでてますよ!面白いですよ!今回も全編カラーで、日高と道東の沢やら雪稜やら色んなルートが盛りだくさん掲載されております。

思えば山谷にはお世話になったものです。色々な掲載記事に思いを馳せ、いつかはあの沢あのルートに、今年こそはずっと憧れていたあそこに挑戦してみよう。など北海道の山屋のロマンが一杯詰まった素晴らしい本です。

新版北海道の山と谷2
新版北海道の山と谷2

今回のはドローンを持って行って撮影してみたり、周りの仲間もちょこちょことカメオ出演的に写真に写っていたりしますので見てみてください。いやーこうして現物を手に取ってみると感無量ですねぇ。

写真提供に協力していただいた皆様、また拙い記事や写真キャプションを編集していただいたトノや山谷作成委員会には本当に感謝です。

そんなわけで皆さん新版「北海道の山と谷2(日高・道東)」書店、アマゾン等で絶賛発売中ですので、買ってちょんまげ!!!☆

2017年8月28~29日 W君と雌阿寒岳&オホーツク・阿寒国立公園周遊

8月28日はW君を雌阿寒岳登山へご案内させていただきました。本州から来てくれた中学生の彼は、山や自然が大好きな素晴らしい少年。体力もかなりあって並の大人では太刀打ち出来ないくらい歩みが力強かったです。雌阿寒岳の展望や、オンネトー散策路などたっぷり楽しんでいただけました。

W君と雌阿寒岳
W君と雌阿寒岳

29日は更に雄阿寒岳とのリクエストでしたが、あいにくの雨天。代替プランとしてご両親も一緒に、多和平~裏摩周展望台~神の子池~清里~フレトイ展望台~濤沸湖~藻琴山~摩周湖という周遊プランをご案内。午後からは見晴らしが良くなり、斜里岳や知床連山、雌阿寒・雄阿寒岳も見渡す事ができました。このルートはかなり見どころがたっぷりなので、今後も自然散策スペシャルプランとして展開してみたいと思っています。

神の子池
神の子池

W君、これからもずっと山や自然を愛し続けて下さいね。ぜひまた北海道の山へ登りに来て下さい!