新着情報

2022/07/21 大雪山・銀泉台~赤岳~白雲岳~緑岳~高原温泉、縦走登山ガイドプラン

この日は大変天気のいい一日で、全日青空のもと縦走登山を完遂できました。銀泉台より駒草平以降は、花花また花といった永遠に続く高山植物の絨毯で綺麗でした。コマクサ、チングルマはもちろんの事、チシマキンレイカやキバナシャクナゲ、エゾノツガザクラやチシマツガザクラ、ヨツバシオガマ、ハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲやミヤマキンバイ、メアカンキンバイ、ヒメイワタデ、キバナシオガマ、モミジカラマツなどが咲いておりました。 やっぱり大雪山の高山植物は圧巻ですね~。

雪渓はやっぱりこの時期としては小さい気がします。それでも白雲岳からはゼブラ雪渓がきれいに望めました。 しかし白雲の避難小屋はきれいになりましたねぇ。 ここから我々は緑岳を経て高原温泉へと下山しました。緑岳までの板垣新道の雪渓や構造土、そしてその合間にも花また花。とてもダイナミックで楽しめる名ルートですね。A様K様、また北海道の山に遊びに来てくださいね。

2022/07/16~19 十勝岳&黒岳登山ガイドプラン

この期間は本来は大雪山の旭岳よりトムラウシ山への縦走プランの予定だったのですが、期間中は前線通過予定にて荒天気の予報。前週入山していたパーティは途中敗退にて高原温泉へ下山したとの報を受けていたので、我々は大事をとって、プランの変更として、十勝岳&黒岳、雨の日程は周遊観光とすることとしました。

今回のお客様は常連のS様。お忙しいのにいつもいつも北海道に遊びに来ていただいて本当にありがたいことです。十勝岳登山は午前中は晴れていながらも、太陽は出たり隠れたり暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じで歩けました。望岳台駐車場は連休中ということもあり、沢山の登山者で賑わっていました。

17日は雨模様で朝から平取へ移動、将来的に来るであろう幌尻岳周辺を偵察。「とよぬか山荘」で幌尻登山の予習をいたしました。さらに、二風谷アイヌ博物館→ユカラ温泉→じゃんけんぽんにてお食事という流れ。平取和牛カツ定食の美味しいこと!お客様と色々なお話も出来て大変楽しい一日でした。

そして18日は黒岳での登山。この日は層雲峡はガスがかかりがちでしたが、ゴンドラ&リフトで上界にあがってみると、雲海の上に出ることが出来ました。荒天後の清々しい青空と木々の緑や高山植物の花々のコントラストが美しかったです。なかなかいい写真も取れましたね。いやぁえがったえがった。S様、また来年もよろしくお願いいたします。

2022/07/08 トムラウシ山登山ガイド

今日はトムラウシの登山ガイド。カンカン照りで暑いかと思いきや、意外と曇りがちの涼しい一日で肩透かし。やっぱりカムイ天上あたりは蚊が多い。そして雪渓が小さい…。コマドリ沢分岐の雪渓の上にデカい転石があってビックリ。前トム平より上のロックガーデンでナキウサギ2匹がお目見え。

2022/07/06 幌尻岳チロロ林道ルート日帰りガイドプラン

今年もご依頼により幌尻岳チロロ林道ルート日帰りガイドプランを催行しました。この日は無風、気温もそこそこと好条件に恵まれて無事に安着。2時発~19時下山の超ハードルートは、厳密で精緻なリスク管理を要求される難ルートです。7つ沼カールには熊の姿も。花はミヤマキンバイ、ミヤマシオガマ、チシマキンレイカ、ムシトリスミレ、ヨツバシオガマ、ミヤマアズマギクなどが咲いていました。

2022/07/04 斜里岳登山ガイドツアー

この日はシャロームガイドオフィスの門田ガイドと斜里岳でのお仕事(ツアー)。山の中ではシウリザクラやオガラバナ、エゾカンゾウやミネザクラ、ハクサンイチゲ、エゾノツガザクラなど、沢山のお花が見られました。お昼までは天気も良かったのですが、みるみる積乱雲が近づいてきて下山時には雷がゴロゴロとなっておりました。的確な判断で素早く下山できて何よりでした。宮崎からおこしの皆様、また遊びに来てくださいねー。

メディカルID、緊急時情報、ご登録のおすすめ

iPhoneやAndroidのスマホには、メディカルIDや緊急時情報というものを登録できることをご存知ですか?

メディカルID(iPhone)や緊急時情報(Android) とは、事故や病気で倒れるといった危急の自体の際に、第三者がその人のスマホを見て、身元や緊急連絡先、血液型、アレルギー情報などを確認できるようにするためのものです。最近では救急医療の現場などでは結構活用されているようでね。このような情報はいつもガイディングのお申し込み段階で確認させていただいておりますね。

メディカルID、 緊急時情報 ともにロック画面を省略して救助者が素早く確認できるものとなっております。これは登山の際はもとより、普通に日常生活においても有用なものだと思います。ぜひご登録の上、リスク管理にご活用ください。

2022/06/22 雌阿寒岳登山ガイドプラン

皆様こんにちは。登山ガイドの西田です。オンネトーや雌阿寒岳登山は実は6月~7月上旬は一年の中でも良い季節で、暑くもなく寒くも無く丁度いい気温であり、花も多く観察できます。(コマクサ、メアカンキンバイ、カラフトイソツツジ、エゾオオサクラソウなど)

雌阿寒岳は野中温泉ルートは登山道周辺の踏圧で花が少なくなっていますが、オンネトールートや阿寒富士の下部は花が多いです。やっぱり雌阿寒岳は野中温泉~オンネトールートのラウンドルートが楽しいですね。この日は平日のためか、割りと登山者の少ない雌阿寒岳で、ひっそりと静かな山を楽しめました。同行させていただいたY様は毎年阿寒湖へ遊びに来ていただいている常連さんです。予報より天気もよくころんでくれていい登山となりましたね。また遊びに来てください~。

2022/06/18 西別岳~摩周岳登山ガイドプラン

皆様こんにちは。登山ガイドの西田です。先日は西別岳~摩周岳までの縦走のガイドプランをご案内させていただきました。この日の天気予報は曇り。蓋を開けてみれば青空も見えていたりとまずまずのトレッキング日和でした。西別は手軽な日帰りも良いのですが、摩周岳までの縦走もまた楽しいですね。

西別~摩周岳は、太平洋からの冷たい風が吹いてカルデラの周囲や中にガスを作るので、ガスが掛かりやすいです。まさに霧の摩周湖ですね。またこのあたりは笹原が優勢しており灌木も少ないので、風の影響を強く受けます。稜線に出てからはそれもなおさら。1000m以下の低山とは思えないほど過酷な状況にもなったりします。ただしそのため、過酷な環境を生き抜く植物たちを手軽に観察もできます。

この日もミヤマキンバイや、チシマフウロ、エゾツツジ、ミネザクラ、摩周岳の頂上ではエゾヒメクワガタも見られました。摩周岳の頂上から眺める摩周ブルーは最高の一言。U様、十勝岳もよろしくお願いいたしますね。またのお越しをお待ちしています。

どうみん割、2022/7/14まで延長

表題どおり、どうみん割がまたまた延長されまして、2022/7/14までとなりました。奮ってのご利用をお願いいたいます。

ただし、当方では7/14までにご予約可能な日程はごく僅かです。よろしくお願いいたします。

どうみん割 │ 北海道を旅して応援 (douminwari.jp)

2022/06/08 オンネトートレッキングプラン

皆様こんにちは。ガイドの西田です。今回はオンネトートレッキングの際のお話。オンネトートレッキングのベストシーズンはといえば、なんといっても6月かと思います。この季節はまだ観光客も少なくひっそりとしているのですが、エゾオオサクラソウやミズバショウがたくさん見られる素晴らしいシーズンなのです!7月を越すと野中温泉の予約もなかなか取りづらくなりますしねぇ。

この日は、雌阿寒岳に雲がかかったり、また晴れたりといった感じの雲がやや多い日でしたが、暑くもなく寒くもなく良いトレッキング日和でしたね。オンネトーはもとより、湯の滝や展望台まで足を伸ばします。花はエゾオオサクラソウ、ヒメイチゲ、ゴゼンタチバナ、オオヤマオダマキ、ズダヤクシュ、ヒトリシズカ、クシロワチガイソウ、ナナカマドなどが咲いていました。T様、また気が向いたら遊びに来てくださいね。