2023年 幌尻岳登山ガイド、幌尻山荘の予約スタート日程、渡渉用の靴の情報などについて

皆様こんばんは、ガイドの西田です。さて 2022/12/15日より、とよぬか山荘や幌尻山荘の 2023年度 のネット予約がスタートします。来年度もコロナの影響で予約枠はスタート後の数分で埋まってしまうものと思われます。ご予定の方は前もってご準備ください。

幌尻岳糠平ルートの日程のフィックスとともに、年内一杯くらいで来年度のスケジュールを組み立てて行きたいと思いますので、すでにご予約を頂いているお客様で日程変更等があればお早めにご連絡いただければと思います。

ワークマンで幌尻岳糠平ルートの渡渉用の靴として、なかなか良さげな靴を見つけました。お値段1900円。アッパーがネオプレンで出来ていて、軽量で且つ足が冷たくなりにくそうです。グリップもまぁ問題ない程度には良さそうです。適当なビーチシューズなんかよりは良さげに思います。それでは来シーズンもよろしくお願いいたします。

2022/10/23 西別岳~摩周岳縦走登山ガイドプラン

今回はグリーンシーズン最後の催行として、関西からおこしのI様を西別岳~摩周岳の縦走プランへご案内させていただきました。この日は気温はそれほど低くはなかったもののの(10℃前後)曇時々晴れといった空模様で、とにかく朝から風が強く、その影響で山体に風があたりガスが湧き上がっているという状況でした。

いつものように登山口からカラマツの人工林を抜け、ウグイス谷を経てガマン坂をよじ登ると一気に視界がひらけていきます。手近な山ながらこの高度感が西別岳の魅力でもありますね。そして上部では風が吹き荒れており、いそいそとレインウェアや追加の行動着を着用しつつ歩を進めます。リスケ山から西別岳山頂までの吊尾根は特に風が抜けやすい地形なので、ここへ進むまえに休憩を取ったり、服装を整えましょう。西別の山頂についてみると、あいにくと強風の影響でガスの中…。東側斜面のベンチのある窪地はそれでもいくらか風をしのげる場所なので、ここも休憩には適しています。

そんなこんなで、更に縦走路へと進むべく又牛別を下っていくと、紅葉の終わったダケカンバの白い群生が静かにアーチの小道を飾っております。落ちた葉っぱがカサカサと道を敷き詰め、木々の合間からすっかり摩周湖とカムイヌプリがのぞいておりました。分岐からカムイヌプリの登山道へ入ると、 以外にもこのあたりはカルデラの外輪の影に入るからか風がそれほど吹いていません。というわけで、摩周岳のピークに立つ頃にはガスもスッキリと晴れてまずまずの展望となりました。往復の帰路をたどる際には西別岳ピークでも展望を楽しめ、天気予報の割には恵まれた山行とすることが出来ました。

振り返ってみれば、今シーズンはスタートも強風の西別岳からでした。I様、ご体験いただきまして、ありがとうございました。また、夏シーズンをご一緒させて頂いたすべての方に感謝申し上げます。

2022/10/8~10 然別ナキウサギ探訪プラン(リクエストプラン)

こんにちは登山ガイドの西田です。表題の通り、この期間ではナキウサギを観察すべく秋の然別を訪れてみました。今回のお客様はY様、もう何度も北海道へ遊びに来ていただいている常連さんです。

初日はお客様を帯広空港へお迎えに上がって然別へ移動。東ヌプカウシヌプリに登って、山頂付近のロックガーデンのナキウサギくんに会いに行ってみました。天候は生憎の雨時々雪と言った感じで、この期間は特に寒かったので山頂付近は少し雪が降り積もっていました。そんな天気も何のそのといった感じで、ナキウサギくんは時折岩の影から姿を現せてくれました。標高を下げるにつれ雪は次第に雨に変わってきたため、この日は早めに宿泊地のかんの温泉へ。

翌日は秋晴れの気持ちいい日で、朝から然別湖をカヤックで横断し東雲湖を目指します。朝靄のかかる然別湖は幽幻で雰囲気があり、湖上から観察する紅葉がまた素晴らしかったです。東雲湖もまぁ~とても静かで気持ちのいい場所なのですよね。ただし、鳴き声は沢山響いていてもナキウサギくんの姿は見ることは出来ませんでした。東雲湖のポイントは、多分ナキウサギの個体数は多いのですが、植生や苔が多いのでナキウサギがいても見逃してしまいがちなのです。

さらに駒止湖へ移動して、ナキウサギを観察。連休ということもあり、こちらのポイントはカメラマンも沢山居ました。じーっと待っていると数十分ごとくらいにナキウサギが現れてくれます。しかし人が多いと、だいたい喋っている人がいたりするのですが、物音を立てているとナキウサギ遭遇率は確実に下がります。観察現場ではマナーを守って静かにしましょう。そしてこの日は宿泊地の糠平温泉へ。糠平も紅葉がきれいに色づいていましたね。

最終日は雨風強く天気が悪かったため、帯広へ移動し十勝のスイーツ探訪&ファームレストランのランチにて終了。とまぁ、楽しい連休のプランとなりました。秋のナキウサギ探訪、皆様もいかがでしょうか?Y様また遊びに来てくださいね~!

東雲湖
東雲湖

2022/10/11〜12/20まで、HOKKAIDO LOVE割のご利用がスタート

10/11より、どうみん割に代わって今度はHOKKAIDO LOVE割なるキャンペーンが開始されます。この新たなる割引きですが、どうみん割との違いは、要するに対象者が「どうみん+東北6県民」から全国民へと変わり、また割引金額が旅行代金の40%(上限5000円)プラスほっかいどう応援クーポンが平日3000円、休日1000円支給となります。北海道民は10月31日までワクチン二回接種だけの方でも対象ですが、それ以外のお客様は三回以上接種が条件となります。またキャンペーン設定前の既存のご予約までもが対象(条件あり)となります。

旅行商品は平日が2000円、休日が5000円以上が割引の対象となりますので、当方のご案内プランは全てがHOKKAIDO LOVE割の対象商品となります。ただし、私は2022年10月現在、12月までご予約で埋まっているのが現状で、新規のご予約をお受けする余地はあまりありません…。12月以降にHOKKAIDO LOVE割によるご案内をご希望の方はご連絡くださいませ。

詳細はHOKKAIDO LOVE割特集サイトにてご参照下さい。よろしくお願いいたします。

https://hokkaidolove-wari.jp

2022/10/01 & 10/02 羅臼岳登山ガイド

皆様こんばんはガイドの西田です。先日は10月の1〜2日のちょうどオータムバスデイの日程に、羅臼岳の登山ガイドのご案内を催行させていただきました。この期間は知床オータムバスデイとして、知床自然センターから岩尾別温泉、知床五湖やカムイワッカなどへはマイカーの通行が規制されバスでの往復となりますが、当方では事前申請によりガイド車両でのご送迎。

羅臼岳頂上1
羅臼岳頂上1

それぞれの日程で別々のお客様のご案内だったのですが、天気予報は晴れながらも10月1日は全道的な夏日ということで羅臼岳も異様に暑く、打って変わって2日は一気に10℃以上も気温が下がり肌寒い中での行程となりました。両日とも頂上での天気には恵まれましたが、羅臼岳の上部ではすっかりチングルマやエゾツツジ、ウラシマツツジなどの紅葉が綺麗に色づいておりました。しかしまぁ今年もシーズンが駆け抜けるのは早いものでしたねぇ。

羅臼岳頂上2
羅臼岳頂上2

ちなみに10月2日の催行では入山直後よりヒグマが姿を現し、しかも割と好奇心旺盛の若い個体で登山道上より我々の方を伺ってなかなか去ってくれずヒヤリといたしました。よくお客様から北海道ではヒグマは大丈夫ですか?という質問をされますが、こういうことも多々ありますので、よほど慣れている方でない限り大丈夫ですよとは言いかねるのですよね。単純に熊鈴だけをつけていれば大丈夫というものでもないので、単独で入られる方は知床自然センターなどで事前知識を身につけて入山した方がよろしいかと思います。

というわけで、早いもので当方での今年の羅臼岳のご案内は今回がシーズン最後となりました。また来シーズンもよろしくお願いいたします。

羅臼岳・ウラシマツツジ
羅臼岳・ウラシマツツジ

2022/09/31~10/02 知床オータムバスデイズについて

皆様こんにちは登山ガイドの西田です。秋の羅臼岳登山をはじめ、知床の観光などをご予定の皆様にお知らせです。2020年より知床では10月最初の週(または9月末から)の金土日の3日間にかけて、知床自然センター~カムイワッカ湯の滝までの道道知床公園線の通行が規制されています。具体的にはバス運行のみとなりマイカーは通行することが出来ません。なので、この期間は岩尾別温泉まで自分の車で行って普通に登山することはできませんのでご注意ください。

現地に行くと道端に看板が置いてあり、この旨が告知されておりますが、実際に当日現地に行って面食らう方も多いのではないかと思います。知床の観光客密集化やヘビーユースを緩和するための実証実験的に行われている試みのようです。詳細については下記のサイトをご覧ください。

知床サスティナブルウィーク | SHIRETOKO SUSTAINABLE WEEK

「Shiretoko Autumn Bus Days 2022」の実施について – オホーツク総合振興局保健環境部環境生活課 (hokkaido.lg.jp)

秋のシーズンには、羅臼岳登山の際の岩尾別温泉までの道すがら、よくヒグマ見物の違法駐車車両を見かけますが非常にマナーが悪いですね。路側帯に違法駐車車両がズラッと並んでいるので、対向車が来るとすれ違いがしにくく危険です。また、ヒグマが人間になれてしまい、距離感覚が正常ではなくなってしまうことも懸念されます。このようなマナーの悪い違法駐車は言うまでもなく迷惑でしかありませんので絶対におやめください。私はこの知床オータムバスデイズについてはもっと長い期間実施してほしいものだと考えております。

ちなみに当方ではこの期間、通行許可を申請しており普通にご案内することが可能です。 よろしくお願いいたします。

近況報告、および来年のご予約状況について

皆様こんばんは。登山ガイドの西田です。ありがたいことに、今シーズンも沢山のお客様より登山ガイドのお声がけを頂いておりまして、多忙期中につき当ホームページの新着情報もなかなか更新できずすみません。今年は天候不順にて苦労した山や中止になってしまったプランもございました。とは言え、私は相変わらず、方々の山の中を巡っております。ひまを見つけて自分の時間が出来たらカヤック練習に勤しんでいたりもしますがね。

さて、来年の登山ガイドプランについてもチラホラとお声がけいただいておりますので、縦走のご案内や、連休の日程が気になっているお客様向けに、ご予約状況をお伝えしますね。

■2023年 ご予約・お問い合わせ状況

7月 14~17日(確定)
7月 22日(確定)
7月 29~31日?(仮)
8月 7~10(確定)
8月 27~31(仮)

上記のプランは幌尻や大雪、知床連山など、縦走プランが多いのですが、何分まだだいぶ先の来年の登山ガイドプランになりますので、日程の前後がございますことご了承下さい。ご予約・お問い合わせについては、お気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2022/08/01 雌阿寒岳登山ガイド

この日の天候は曇り、時々山が雲から顔を出してたまに景色が望めるといったところでした。とはいえ、この季節としては暑くもなく寒くもなく登りやすかったと言えるでしょう。雨がふらなかったのは幸いでしたね。今回のお客様は帯広からおこしのY様親子。とても仲の良い親子で、お二人の優しい雰囲気がとっても素敵でした。また機会がありましたら、ぜひ遊びに来てくださいね。ちなみに、この時のガイド料はどうみん割で大幅に安くなりました。アクティビティの料金でもどうみん割が使えるとは知らない方がほとんどですが、皆様もスキあらばどうみん割は使ったほうがいいです!

2022/07/30 斜里岳登山ガイド

この日は、お二人パーティとお一人のお客様のあいのりプランでの斜里岳登山ガイドプランの催行。朝からまずまずの天気で、標高を上げるにつれ青空が見えてまいります。旧道のダイナミックな景色を眺めつつ、ご同行のお三方は初めてのパーティとは思えないほどに馴染んだ感じで世間話に花を咲かせていらっしゃいました。頂上からは斜里の町家オホーツク、知床連山や阿寒の山々が見渡せました。K様、H様、気が向いたらまた北海道の山へ遊びに来てくださいね~。

2022/07/26 羅臼岳登山ガイド

この日は大変天気がよく、朝から久々の青空ということで張り切って羅臼岳登山を催行いたしました。ごいっしょさせていただいたのはリピーターのKご夫妻。今年の羅臼岳は去年ほどにはまだ暑くもなく登りやすかったですね。花はエゾカワラナデシコ、エゾイボタ、エゾヤマハギ、チングルマ、カラフトイチヤクソウ、リンネソウ、イワヒゲ、チシマノキンバイソウなどが咲いていました。K様、また気が向いたら遊びに来てくださいね~!