新着情報

2021/08/26~28 知床連山縦走ガイド

みなさまこんにちは、ガイドの西田です。最近は北海道の暑い暑い夏もようやく一段落してきましたね。今回は久しぶりに知床連山の縦走ガイドの時の記事をお送りしたいと思います。この山行は西遊旅行さんのツアーということで、知床羅臼の「サライ」さんに前泊をしてのスタート。期間中の天気予報はなかなかの不安定予想で、入山前より羅臼の街はザーザー降り…入山当日に羅臼から知床峠を越える際も、いやいやなかなかの雨と強風…。

そんなこんなで、カムイワッカ林道を進み知床硫黄山の登山口からのスタート。幸いなことに登山開始時にはもう雨は上がっており、気分も盛り上がっていきます。しかし山中でも不安定な天気具合は続き、登山道中でもレインウェアを脱いだり着たり。硫黄沢に入ってからはお日様も出始め、沢床は乾いていたのでF1~2も楽に突破することが出来ました。しかしやはり上部では風が強く、久々の硫黄山もガスと強風によりピークは諦め、早々と第一火口の泊地に到着。夕食までなんとか天気は持ちこたえてくたのもつかの間、夜半には強い雨と風…。

さて翌日も天気は非常に不安定で、こけし岩から先の稜線上は強風で歩けないことは明白。第一火口ですらフードロッカー側は強風を受けているという状態。おそらくこのまま進んでもテン場予定地の羅臼平まではたどり着くことは出来ないでしょう。かなり厳しい状況…。お客様との相談の上撤退することに。

撤退後は羅臼温泉~岩尾別温泉ルートで羅臼岳をワンデイ縦走。最終日は晴れてくれたので羅臼岳からは最高の景色が望めました。このルートもダイナミックで素晴らしくお客様には存分にお楽しみいただけたようです。このように山ではけして心地よい天候の日ばかりではありません。時折自然の驚異が牙をむき人間に的確な判断と試練を与えます。そんなときのために慎重なリスク管理が重要になってきます。この度のツアーでご一緒させていただいた皆様、気が向いたらまた遊びにいらっしゃってくださいね。

2021/08/17 トムラウシ山登山ガイド(短縮登山口ルート)

皆様こんにちは。登山ガイドの西田です。今回は先日岐阜からおこしのN様をご案内させていただいたトムラウシ山の登山ガイドプラン短縮登山口ルートの山行を紹介いたします。

当日は朝五時に短縮登山口にてガイドミーティング。朝霧の中の短縮登山口の駐車場では数名の登山者が出発準備をしておりました。短縮登山口はバイオトイレブースや携帯トイレ回収ボックスがあったり、驚いたことに携帯トイレそのものも「お持ちください(500円)」と書いた引き出し式のセルフ購入ボックスに用意されておりました。このように、北海道山中ではもはや携帯トイレの利用が常識となりつつあります。皆様利用協力の方よろしくお願い致します。また、登山口付近にはソーラー駆動式の携帯電波鉄塔が建てられており、携帯電波もバッチリ入るようになっていました。いやぁ、これは不測の事態には心強いですねぇ。

さて、深い霧の中を出発してみると、次第に尾根に上がるにつれて雲が低いことがわかってきました。カムイ天上あたりでは里は雲海の下、十勝連邦も見渡せるようになってきました。つまり我々は雲の中から上に抜けたようです。上空には青空が広がりつつあります。

そうこうしつつも尾根上の樹林帯を進みつつコマドリ沢を下り且つ渡ると、雪渓の残骸跡にトカチフウロやチシマノキンバイソウ、エゾヒメクワガタ、ウサギギクなどが咲き乱れておりました。チングルマはすでに綿毛になっているご様子。ここから登山道はトムラウシ名物ロックガーデンへと突き進みます。秋前の餌収集なのか暖かくなって日向ぼっこでもしているのでしょうか、ナキウサギの鳴き声がずーっとこだましておりました。姿はほんの一瞬見えただけで写真を撮る間もありませんでしたが。

そんなこんなで、前トム平、トムラウシ公園と経て南沼キャンプ地へと歩をすすめます。ここは登山者の排泄物問題が非常に問題となっていた場所で、以前は日本で一番汚いテントサイトとして有名だったところ。野営地の周りには、ヤブの中で用を足すための「キジ撃ち道」が裸地化した筋道を作ってしまっています。今は立派な携帯トイレブースが二箇所あり、私達もしっかりと利用させていただきました。

しだいに雲が登ってくるのが見て取れ、我々も頂上へと進みます。頂上直下の岩場をやり過ごすと程なくして「トムラウシ山 2141m」の看板の前に出ました。頂上からは旭岳方面こそ望めないものの、化雲岳や黄金ヶ原、三川台、ヒサゴ沼などが見えました。

天気予報では不安定さが心配なこの日のトムラウシでしたが、下山時もなんとか天候はもってくれました。下山は15時でちょうど行動時間が10時間でした。トムラウシ山は短縮登山口ルートでもやっぱり遠い!遥かなる山なのでした。N様、気が向いたらまた北海道へ遊びにいらっしゃってくださいね。

2021/08/11~14 幌尻岳登山ガイド(新冠ルート)

みなさまこんにちは。ガイドの西田です。今シーズン二回目の幌尻岳登山ガイドプランということで、今度は新冠ルートからの幌尻岳へ行って参りました。催行当日はちょうど台風の翌日。お客様は果たして北海道に来られるのかといった心配もありましたが、首尾よく無事に新冠の「ふかふか亭」にてガイドミーティング。聞けば幌尻林道も通行止め~直前に解除になったばかりで、なんともギリギリセーフのタイミングだったのでした。鹿肉の美味しい夕食を頂きながら、まずは幌尻岳登山のレクチャーなど。

この夏は随分と北海道は暑かったのですが、台風によりかき乱された大気の影響で、気温が一気にぐっと涼しくなり、痛ましいことに十勝連邦では疲労凍死による事故が発生しておりました。黒岳では初雪予報まで…。この気温差の大きさが北海道の山の恐ろしさなのです。晴れればルンルンの幌尻も悪天となれば一転試練の山となりえます。本州から来られる登山者さん達は8月の北海道の山となれば、夏山気分で手薄な装備でやって来る方も多く散見されます。北海道の山は、営業小屋も無ければ道標や笹刈りも最小限、ヒグマは毎日出てくるといったような野趣溢れる土地柄です。しっかりとした準備の上でおこしください。

さて、入山日当日はといいますと、まずまずの天気で雲は多いものの晴れ間が見えておりました。ただし気温は妙に肌寒い…数日前のうだるような暑さが嘘のようです。まずは新冠ルート名物の長い長い林道をイドンナップ山荘まで3時間のドライブ。駐車場には車が数台留まっておりました。出発準備を済ませ更にここから幌尻林道へと歩を進めます。ここから先は北電の管理による林道なので、許可の無い人は車はもちろんバイクも自転車も入ることはできません。ヒグマに注意しながら、樹木や花のこと、最近登った山のことなど色々お話しながらひたすら歩き続けます。

奥新冠ダムを経て6時間近くも長い幌尻林道を歩くと、ようやく新冠幌尻山荘へ到着。三角屋根のこの素朴な山小屋は無人小屋ではありますが、薪ストーブもトイレも水場も携帯トイレ回収ボックスまでもがあり、管理も行き届いていて快適そのもの。すでに先行者が数人泊装備を広げておりました。私達は昼過ぎには到着しのんびりと水つくりなどをしながら、明日の山への期待を膨らませておりました。ちなみにこの新冠幌尻山荘は要予約なのでご注意のこと。

私達は2泊3日での山行計画を立てていましたので、登頂日はアタックのみのスケジュール。4時起き6時発の予定でしたが、1泊2日でアタックと下山をする人が朝3時からだんだん起きてきますので、つられて早く目が覚めてしまいました。まぁ小屋泊あるあるでしょう。そんなこんなでゆっくりと朝食と準備をすませ5時20分ほどに出発。幸い天気は雲が多めの晴れといったところ。気温は15℃前後。

幌尻沢沿いを高巻きを交えながら徐々に登っていくと、二股のところで渡渉が出てきます。ここは石伝いに渡れますので全く異問題ありません。この先登山道は2本の沢に挟まれた尾根上を進んで行きますが、ご多分に漏れず日高らしい急勾配のこの登山道では笹が優勢しており、両手を使った藪こぎを強いられるます…が、この程度は日高では当たりまえの事。高度を稼いでいくと、もう一度沢に近づきつつ尾根が細くなっている箇所が出てきます。ここは両側とも切り立っていますので滑落に注意して慎重に渡りましょう。

そんなこんなで3時間ほども登ると次第に視界がひらけてきて、あたりの景色がお花畑に切り替わって行きます。残念ながらここ今シーズンの暑さでは花は終わりに近く、ウメバチソウ、ウサギギク、ウスユキトウヒレン、ナガバキタアザミ、ミヤマリンドウ、エゾシオガマ、アキキリンソウなどが少し元気なさげに咲いておりました。とは言え、大岩以後の幌尻岳の景色はやはり雄大そのもの。お客様にもご満足いただけたようです。T様、この度はありがとうございました!気が向いたらまた北海道へ遊びにいらっしゃってくださいね。

ガイドプランお申し込みフォームを作成しました!

皆さんこんばんは。ガイドの西田です。いやーこの夏も暑かったですねー。お盆以後は涼しくなっていきそうな今日このごろですがいかがおすごしでしょうか。今年の夏はコロナの揺り戻しの影響もあってか、羅臼岳や幌尻岳、知床連山縦走など大きな登山ガイドプランの計画が多いです。
で、そんな繁忙期の合間にレストも兼ねて珍しく一日だけ内業に精を出してみました。赤岩青巌峡のクライミングに行きたい!西港やウトロに釣りにも行きたい!そんな割と疲れてしまう遊びレストの誘惑を振り切って、きちんと休める内業の仕事レストもたまにはしなくてはいけません。

ずーっとやりたいと思っていたHPの更新・改善作業。私はこれらはワードプレスを駆使して自前でやっているのですが(手作り感満点のホームページですみません!)これがまたややこしいのでした。きちんとタグを打ち込んでいるのになんで動かないんや!これはどうやったらこう動くんや!などと格闘しながら、結局丸一日かかってついに出来ました「ガイドプランお申し込みフォーム」。

今までは「ガイドプランお申し込み書」というワードドキュメントやPDFをお客様にメール添付し、ご記入の上でご返信いただいていたのですが、今後はフォームの入力でいけるようになったので、お客様にパソコン作業やメール添付などを行っていただく必要が無くなりました。スマホtoスマホで完結させることが出来るようになったので、大幅に楽になったと思います。まだ気づいていないような不具合さえなければ…。

また「ガイドプランお申し込みフォーム」追加と併せて、SSLによるセキュリティの強化、若干の利用規約やホームページ文章の訂正、などの改善を行い、気づいたら朝から晩までパソコン作業。というわけでかえって普段より長時間働いているのでした…。まぁそんなもんですよね!
というわけで…見た目は大して変わっていませんが、今後新規でご予約いただくお客様は、お申込みフォームをご利用いただく形になりますので、よろしくお願いいたします。

2021/07/29 幌尻岳チロロ林道ルート登山ガイディング(日帰り)

皆様こんにちは。ガイドの西田です。ますます暑くなってまいりましたねー。そんな夏の盛りの今日このごろですが、今回は以前斜里岳をご案内させていただいたM様を幌尻岳チロロ林道ルート…それも日帰りというオーダーでご案内させていただきました。

幌尻岳のチロロ林道ルート日帰りといえば、おそらく国内一般登山道の中でも屈指の大変なルートかと思われます。全行程25km/15時間に及び、1300mもの標高差に加え、ヒグマが多数出没し天候条件も厳しいという困難のオンパレード。このルートは端的に申しまして、超上級者向けと言っていいでしょう。

4時に林道終点を出発し、登頂が12時、19時に下山しました。残念ながら天気は終日イマイチで、曇り時々雨たまに薄日が差すといったところ。途中すれ違ったパーティは1組だけ。北戸蔦別岳の北カールにはヒグマが歩いていました。稜線の殆どの場所でスマホの電波(楽天モバイル)が通じるようになっていたのには驚きました。

この時期の花は、エゾツツジ、ハイオトギリ、チシマツガザクラ、コエゾツガザクラ、ユキバヒゴタイ、カトウハコベ、イワツメクサ、イワギキョウ、イワウメ、チシマノキンバイソウ、ヒダカキンバイなどが咲いておりました。

このルートは、7つ沼のカールバンド以後は露出箇所が多くなるので、強風だとなかなか厳しい状況となります。雨で身体が濡れているとそれも尚更。一枚追加出来る行動着や防寒着、テルモスなどの用意があったほうがいいでしょう。里は30℃でも頂上稜線では低体温症の心配をしなくてはいけないのが北海道の山の厳しいところなのです。

ちなみに、北海道の山では頂上アタックのために荷物をデポすることはヒグマの誘引の原因となりますので厳禁です。2021/07/02にも北戸蔦別岳でヒグマに追いかけられた人がいるそうな。また、トイレは携帯トイレを使用しましょう。トイレ紙だらけになった7つ沼カールや北戸蔦別岳のテン場は見たくないですね。

さてお客様のM様はこれで99座目の百名山。次の羊蹄山も頑張ってくださいね。次回もよろしくお願いいたします。

2021/07/11 羅臼岳登山ガイド

雪渓が消えゆく初夏の羅臼岳へ、札幌からお越しの3名のお客様をご案内させていただきました。こちらのお3方は、いつも一緒に登山をされている仲良し3人組だそうで、お花がお好きで写真を撮りたいのでその時間がほしいというリクエストでご案内させていただきました。

羅臼平より国後島を望む
羅臼平より国後島を望む

7月初旬の羅臼岳は、ちょうど雪渓が消えた後の大沢や肩の部分などで盛大なお花畑を見ることができます。お客様からお花の名前が憶えきれないというお声が上がるほどに、たくさんの高山植物を見ることができます。今回はそんなたくさんの花々の一部を紹介してみましょう。

このお三方は次は斜里岳も挑戦したいということで張り切っていました。登山を通じて家族のような絆があって、とっても素敵ですね。T様、E様、M様この度はありがとうございました。また次の機会にお会いいたしましょう~!

2021/06/18 晴天の雌阿寒岳登山ガイド

みなさまこんにちは。ガイドの西田です。先日は雌阿寒岳へお客様をご案内させていただきました。最近はぐずついた天候の日が多かったのですが、この日は例外的に穏やかでとっても天気がよく素晴らしい登山日和でした。

雌阿寒岳のイソツツジ
雌阿寒岳のイソツツジ

登山道脇ではイソツツジが見頃で、ハイマツトンネルの傍らの群生が咲き乱れています。またオンネトールートの7~8合目付近ではメアカンキンバイ、コマクサなどの株はがきれいに咲いておりましたよ。このような岩礫帯の高山植物は踏圧の影響を受けやすいので、登山道からは足を踏み外さないように気をつけてくださいね。

雌阿寒岳のメアカンキンバイ
雌阿寒岳のメアカンキンバイ

この日は晴天の割に気温はそれほど高くなかったので、霞が昼になっても少なく眺望に透明感があって爽やかでした。上部からは遠く大雪やトムラウシ山、東大雪、斜里岳、知床連山などなど、近隣の山々がきれいに見えておりました。

雌阿寒岳のコマクサ
雌阿寒岳のコマクサ

この日は野中温泉~オンネトールートのラウンドコースでゆっくり雌阿寒岳のお鉢を巡って歩き、オンネトールートに下山してのんびりと湖面に映る雌阿寒岳を眺めながら野中温泉に歩いて戻りました。U様、気が向いたらまた遊びにいらっしゃってくださいね。

雌阿寒岳・オンネトー
雌阿寒岳・オンネトー

ギアレビュー・カスケードワイルド フォールディングテーブル

久々に友人が店長をやっている札幌ファクトリーの好日山荘をブラブラしていたら、大変いいギアを見つけたので紹介します。端的に申しますと、プラダンでできた重量60グラムの超軽量折り畳みテーブルです。こいつは耐熱性が163℃だそうで、熱いコッヘルを乗せても溶けることはありません。サイズはA4くらいで半分に畳めます。

カスケードワイルド02
折りたたんだ状態

折り紙みたいな構造なので、多少ぐらつきはしますが鍋やコップを乗せたくらいでは大丈夫です。テーブルになっている所がミソで、単なるブス板一枚より野外活動におけるティータイムが大幅に文化的になりますね。仕舞ったり組み立てたりも簡単で、手軽で軽くてなかなか良いですよ。値段は1700円ほどでした。

裏から見た状態

今までガイド時はアルミのフォールディングテーブルや、テント泊では昔ながらのべニアで出来たブス板を持ち歩いたりしてましたが、今後はこれでいってみようと思います。さらに軽量化を目指すとすれば、素のプラダン一枚でブス板の代わりにはなるでしょうね。

という、今回はおもしろギアの紹介でした。

釧路湿原の動画 芦原の神様・サルルンカムイ

GW前の空いた時間を利用して釧路湿原の動画を撮ってみました。このGWはコロナ禍による都市部の緊急事態宣言などあって、当方のガイドスケジュールでもキャンセルが多発しました。これはもう仕方のないことで皆様のご自愛を願うばかりですが、これはこれとて自然の景観・風物はたおやかに超然と未来永劫変わらず私たちの周りに存在しています。そんな何気なく日常的に存在する私の周りの自然ですが、NHK「グレートネイチャー」の撮影がきたりするような、なかなかどうして実はとってもダイナミックなものなので、今回はとりあえず釧路湿原に出かけて行って色々と撮影してみました。

今回の動画は、誰でもちょっと散歩すれば見られる釧路湿原の景色をテーマとし、早朝、昼、夕方のそれぞれの時間に3日間で撮ったカットを構成して編集してみました。なにぶん素人の余技ですので、大したものではございませんが、自粛でお家でのんびりされているような皆様にも釧路湿原を画面に映し出して少しでも雰囲気を感じていただけたら幸いです。

ちなみにサルルンカムイとは丹頂の事で、芦原の神様のような意味のアイヌ語です。サルが葦の意味でカムイが神様のことですね。保護センターで育った丹頂なんかは幼鳥のころから人間を見て育っているので、ものすごく人懐っこい神様もいます。

2021/4/17 NHK BSプレミアム「体感!グレートネイチャー▽激写!“世界一”の御神渡り~北海道東部 氷の大地」出演

皆様、こんにちは。ガイドの西田です。2021/4/17 NHK BSプレミアムにて放映の「グレートネイチャー」に出演させていただきましたよ。結氷直後のオンネトーでのアイスバブル観察シーンを撮影していただきました。オンネトーや雌阿寒岳などはまさしく私が幼少のころから慣れ親しんできた故郷の自然ですので、こうした環境をNHKさんに取材していただき、また自分が紹介できたことをとても光栄に思います。

オンネトーアイスバブル
オンネトーアイスバブル

撮影は実は2021/12/3のオンネトー・アイスバブル観察ツアーの直後で、タイミングよくオンネトーが凍り、透き通った湖面とアイスバブルを撮影することが出来たので素晴らしい映像になりました。番組は他に屈斜路の御神渡りや、豊頃のジュエリーアイス、伊達の氷筍など北海道の冬の美しい風物が紹介されており、さすがプロのみなさんの撮影や編集技術の成果として分かりやすく迫力のある映像に仕上がったおりました。

はてさて、そんなこんなで今年の冬も11月下旬~12月初冬あたりはアイスバブル観察ツアーを行おうと思っていますので、ご興味のある方はぜひ。

結氷直後のオンネトー
結氷直後のオンネトー